PR

ブロードコム(AVGO)とは?AI需要でさらなる成長へ!その将来性と今後の株価見通し

ブロードコム(AVGO)とは?AI需要でさらなる成長へ!その将来性と今後の株価見通し米国投資
この記事は約30分で読めます。

このサイトは、私(@mifsee)が個人的に学びながら企業分析や銘柄分析を進め、その成果をまとめたものです。

あくまで私の個人的な分析記録であり、内容には誤りや実際と異なる情報が含まれているかもしれません。ご覧になる場合は予めご了承ください。

  1. はじめに
  2. ブロードコム(AVGO)とは何の会社、どのような事業をしている?
  3. ブロードコム(AVGO)の主力製品やサービスは?
    1. 半導体ソリューション
    2. インフラストラクチャソフトウェア
  4. ブロードコムはAI分野でどのような事業を展開している?
    1. カスタムAIチップ(ASIC)の開発
    2. ネットワークインフラの強化
    3. PCIeテクノロジーの革新
    4. 財務的展望と成長戦略
  5. ブロードコムのカスタムAIチップ(ASIC)とは具体的にどのようなもの?
    1. 主要な特徴と利点
  6. Jericho3-AIチップとは?
  7. Tomahawk 5 Ethernetスイッチチップとは?
  8. ブロードコム(AVGO)は何がすごい?
  9. ブロードコム(AVGO)の顧客層は?
    1. テクノロジー企業
    2. クラウドサービスプロバイダー
    3. 通信事業者
    4. データセンターおよびインターネットサービスプロバイダー
    5. エンタープライズ顧客
    6. オープンソースおよびオープンネットワーキング
  10. 取引市場は?
  11. ブロードコムのティッカーシンボルは、なぜAVGO?
    1. 歴史的背景
    2. 企業買収と名称変更
    3. ティッカーシンボルの意味
  12. ブロードコムのセクター、業種、属するテーマは?
    1. セクター
    2. 業種
    3. 属するテーマ
  13. 配当は?
  14. ブロードコム(AVGO)が属する業界の規模と成長性は?
    1. 主な成長要因
  15. ブロードコム(AVGO)の競合企業は?
  16. ブロードコム(AVGO)の競合との差別化要素と優位性は?
    1. 幅広い製品ポートフォリオ
    2. カスタムAIチップのリーダーシップ
    3. 先進的なネットワーキング技術
    4. 統合されたインフラストラクチャソフトウェア
    5. 強力な財務基盤と持続的な配当成長
    6. 研究開発(R&D)への継続的な投資
  17. ブロードコム(AVGO)の成長戦略は?
  18. VMwareとは?
  19. VMwareの買収コストは?
  20. VMwareの統合は、どんな効果をもたらす?
    1. シナジー効果の創出
    2. クラウドおよびエンタープライズソリューションの強化
    3. 仮想化技術の強化
    4. 新たな市場機会の創出
    5. R&Dおよびイノベーションの促進
    6. コスト効率の向上
  21. ブロードコム(AVGO)の業績について
  22. ブロードコム(AVGO)の株価
    1. ブロードコムの四半期:売上推移
    2. ブロードコムの四半期:営業キャッシュフロー推移
    3. ブロードコムの四半期:営業利益・営業利益率推移
    4. ブロードコムの四半期:EPS推移
    5. ブロードコムの通期:売上推移
    6. ブロードコムの通期:営業キャッシュ・フロー推移
    7. ブロードコムの通期:営業利益・営業利益率推移
    8. ブロードコムの通期:EPS推移
  23. ブロードコム(AVGO)の将来生は?今後の展開は?
    1. ブロードコムの今後の展開
  24. ブロードコム(AVGO)の2024年度Q2決算サマリー
  25. ブロードコム(AVGO)の株を買える証券会社は?
  26. まとめ

はじめに

AI半導体銘柄の中で、エヌビディアに次ぐ成長が期待されているのがブロードコムです。特にデータセンターAI分野で強みを持ち、多くのテック企業に利用されていることから、その成長性は目を見張るものがあります。

ブロードコムは、2024年7月15日より1対10の株式分割を実施し、個人投資家にとっても購入しやすくなりました。

個人的には、ブロードコムは株価が少々高かったためポートフォリオに組み入れにくかったのですが、今回の株式分割を機に、具体的に購入を検討するため、詳細に銘柄について分析を進めました。

ブロードコムは幅広い製品ポートフォリオを持ち、圧倒的な営業利益率を誇ります。
その成長も目を見張るものがあります。この記事では、ブロードコムの事業内容、独自の強み、そして将来性について詳しく掘り下げていきます。

ブロードコム(AVGO)とは何の会社、どのような事業をしている?

  • ブロードコム(Broadcom Inc.) は、半導体およびインフラストラクチャソフトウェアソリューションを提供するグローバルなテクノロジー企業。
  • 1961年に設立され、現在はカリフォルニア州パロアルトに本社を構えている​。
  • 同社の起源はAT&T/Bell Labs、Lucent、Hewlett-Packard/Agilentなどの著名な技術機関に遡り、これらの豊かな技術的基盤をベースとしている。
  • ブロードコムは、半導体およびインフラストラクチャソフトウェアソリューションの分野で、技術的なリーダーシップを発揮し続けている。その製品群は、世界中の最も成功している企業にサービスを提供し、グローバルリーダーの地位を確立している。
  • ブロードコムは、幅広い製品ポートフォリオで、常に変化する市場環境で顧客が成功できるようサポートしている。

ブロードコムの企業情報は以下。

  • 会社名: ブロードコム(Broadcom Inc.)
  • 設立年月: 1961年
  • 代表者名: ホック・E・タン(Hock E. Tan)
  • 公式サイト: https://www.broadcom.com
  • 主な事業内容:半導体ソリューションとインフラストラクチャソフトウェア

ブロードコム(AVGO)の主力製品やサービスは?

ブロードコムは、半導体およびインフラストラクチャソフトウェアの分野で以下のような幅広い製品とサービスを提供している。

半導体ソリューション

  • システムオンチップ(SoC):
    • セットトップボックス
    • ケーブルモデム
    • デジタルサブスクライバライン
    • パッシブ光ネットワーキングSoC
  • 無線通信デバイス:
    • Wi-Fi
    • Bluetooth
    • GPS/GLONASSのSoC
  • ネットワーキング製品:
    • イーサネットスイッチ
    • ルーター
    • カスタムシリコンソリューション
    • 光ファイバーコンポーネント
    • RF半導体デバイス
  • ストレージとインターフェース:
    • PCIeコントローラ
    • ファイバーチャネルホストバスアダプタ
    • カスタムフラッシュコントローラ
  • 工業用およびその他のアプリケーション:
    • オプトカプラ
    • 工業用光ファイバー
    • モーションコントロールエンコーダ

インフラストラクチャソフトウェア

  • 企業ネットワーキングとストレージ:
    • データセンターのネットワーキング
    • モバイルデバイスとブロードバンド接続
    • メインフレーム
    • サイバーセキュリティ
  • クラウドインフラストラクチャ:
    • VMwareの統合によるソリューション提供
    • クラウドおよびデータセンター向け製品

ブロードコムの製品ポートフォリオは、多岐にわたり、多くの市場で使用されており、世界中の企業に信頼されるパートナーとしての地位を確立している。

ブロードコムはAI分野でどのような事業を展開している?

ブロードコムは、AI分野で大きな進展を遂げている。
以下は、ブロードコムのAI関連事業について。

カスタムAIチップ(ASIC)の開発

ブロードコムは、特にカスタムAIチップ(ASIC)の設計と製造に注力しており、主要なパートナーであるGoogleとMetaに対して、先進的なAIチップを提供している。
例えば、GoogleのTPUv7やMetaの第三世代AIチップ(MTIA 3)などがその代表で、これらのチップは、高性能なAIトレーニングおよび推論プロセスを支えている。

ネットワークインフラの強化

ブロードコムは、AIデータセンターのネットワーキングソリューションを提供している。
同社の高性能イーサネットスイッチとルーターは、1万以上のAIアクセラレータクラスタをサポートするために必要不可欠な要素であり、AIトレーニングと推論の処理速度と効率が大幅に向上する。

PCIeテクノロジーの革新

ブロードコムは、世界初の5nm PCIe Gen 5.0およびGen 6.0リタイマを発表し、AIワークロードのスケールアップを支援している。この技術は、AIクラスタのシームレスな統合とデータセンターのエコシステムを革新するものである。

財務的展望と成長戦略

ブロードコムは、2024年度にAI関連収益が110億ドルに達すると予測してる。これは、GoogleとMetaとの戦略的パートナーシップに支えられており、2025年度にはさらに成長が期待されている。
ブロードコムはエヌビディア(NVIDIA)に次ぐトップのAI半導体サプライヤーとしての地位を強固にしている。

このように、ブロードコムは、AI分野での技術革新と強力なパートナーシップにより、今後も大きな成長が見込まれる。AIチップの開発やネットワークインフラの強化を通じて、広範な市場でのリーダーシップを発揮し続けている。

ブロードコムのカスタムAIチップ(ASIC)とは具体的にどのようなもの?

ブロードコムのカスタムAIチップ(ASIC)は、特定のAIワークロードに最適化された高度な半導体デバイスである。
これらのチップは、主に大手テクノロジー企業とのパートナーシップを通じて開発され、AIトレーニングおよび推論のパフォーマンスを向上させるために設計されている。

主要な特徴と利点

  • 高性能とスケーラビリティ: ブロードコムのカスタムAIチップは、特にAIトレーニングおよび推論タスクのために設計されており、数万個のGPUをサポートすることが可能。非常に大規模なAIクラスターを効率的に構築できる。
  • 最適化されたネットワーキング: これらのチップは、高速イーサネットスイッチングや高効率な通信プロトコルを統合しており、AIワークロードにおいてネットワークのボトルネックを最小化します。
    例えば、BroadcomのJericho3-AIチップは、特定のAIワークロードに対応するために設計され、負荷分散や混雑制御の機能を提供する。
  • カスタムソリューション: ブロードコムは、GoogleのTPUv7やMetaのMTIA 3などの特定の顧客向けにカスタムAIチップを開発しており、これらの企業は独自のAIソリューションを構築し、AIトレーニングおよび推論の効率を最大化している。
  • 低レイテンシと高帯域幅: AI/MLワークロードは通常、大量のデータ転送を伴うため、低レイテンシと高帯域幅が重要であり、ブロードコムのカスタムAIチップは、これらの要件を満たすために、最先端のネットワーキング技術とシリコンフォトニクスを活用している​。
  • エネルギー効率: 高効率な電力管理機能を備えており、大規模なデータセンター運営者にとって重要な電力コストの削減を実現する。
    例えば、Tomahawk 5チップは光接続のための電力を50%以上削減することが可能。

ブロードコムのカスタムAIチップは、これらの特徴を通じて、AI分野での高性能な計算とデータ処理を実現し、パートナー企業のニーズに合わせた最適化ソリューションを提供している。

Jericho3-AIチップとは?

Jericho3-AIは、Broadcomが開発した高度なネットワーキングチップであり、特にAIのための高性能ファブリックを提供している。以下はその主な特徴と利点。

  • Jericho3-AIは、大規模なAIモデルのトレーニングと推論を効率的に行うために必要な高帯域幅と低レイテンシを提供する。
  • このチップは、トラフィックを均等に分散させ、ネットワークの利用率を最大化することで、最適なパフォーマンスを実現し、エンドツーエンドのトラフィックスケジューリングにより、フローの衝突やジッターを防ぐ。
  • Jericho3-AIは、1つのクラスターで最大32,000個のGPUをサポートし、それぞれが800Gbpsの接続を持つ超高ラディックスを提供。この特性により、大規模なAIインフラストラクチャの構築が可能。
  • このチップは、前世代のチップと比較して40%の電力効率を向上させており、大規模なAIクラスターを運用する際のコスト削減が期待できる​。

Jericho3-AIチップは、AIのトレーニングと推論の効率を高めるための画期的なソリューションとして、クラウドオペレーターやデータセンターによって高く評価されている。この技術により、AI関連のジョブ完了時間が少なくとも10%短縮され、ネットワークの効率性が大幅に向上する​。

Tomahawk 5 Ethernetスイッチチップとは?

Tomahawk 5は、Broadcomが開発した最新のEthernetスイッチチップで、特に次世代データセンターやクラウドコンピューティング環境向けに設計されている。このチップは、世界で初めて51.2テラビット毎秒(Tbps)のEthernetスイッチング容量を持ち、現在市場で利用可能な他のスイッチシリコンの2倍の帯域幅を提供している。
以下はその主な特徴と利点。

  1. Tomahawk 5は、51.2 Tbpsのスイッチング容量を持ち、これによりデータセンター内のネットワークパフォーマンスを大幅に向上する。クラウドやAI/ML(機械学習)ワークロードの増大に対応するために非常に重要となる。
  2. このチップは、リアルタイムの動的ロードバランシング機能を備えており、ネットワーク全体の利用率が最適化され、ネットワークの混雑が減少、AI/MLワークロードのジョブ完了時間が短縮される。
  3. Tomahawk 5は、単一チップで256の200GbEポートをサポートし、フラットで低レイテンシのAI/MLクラスターを実現する。これにより、大規模なデータセンターやAIインフラストラクチャの構築が可能になる。
  4. 前世代と比較して、Tomahawk 5は光接続のための電力を50%以上削減でき、運用コストの削減が期待できる。また、最新のシリコンフォトニクス技術を使用して、効率的な接続を提供する​。
  5. Tomahawk 5は、AI/MLトレーニングクラスターのために特別に設計された機能を持ち、VxLANルーティングやブリッジングなどの仮想化機能も備えている。これにより、データセンター全体で統合されたネットワークインフラを提供する。

Tomahawk 5は、次世代のデータセンターインフラストラクチャを支えるための高度な技術と高い性能を持ち、業界をリードするソリューションである。
クラウドプロバイダーや大規模データセンター運営者に対し、効率的でスケーラブルなネットワークを構築し、AI/MLワークロードの要求に応えることができる。

ブロードコム(AVGO)は何がすごい?

ブロードコム(Broadcom Inc.)のすごい点は、その広範な技術力と市場リーダーシップにある。まず、同社はAI分野で最先端のカスタムチップを提供し、GoogleやMetaなどの大手企業と協力してAIのパフォーマンスを大幅に向上させ、AIトレーニングや推論プロセスを迅速かつ効率的に行うことが可能。

さらに、ブロードコムは高性能なネットワーキングソリューションを提供し、AIデータセンターのネットワークインフラを強化している。これにより、大規模なAIクラスタのサポートが可能となり、データ処理の速度と効率が飛躍的に向上します。

加えて、革新的なPCIeテクノロジーを開発し、AIワークロードのスケールアップを支援し、AIクラスタの統合とデータセンターの運用がさらに効率的になる。

総じて、ブロードコムはその技術力、革新性、そして強力なパートナーシップによって、AI分野でのリーダーシップを発揮し続けている。

ブロードコム(AVGO)の顧客層は?

ブロードコムの顧客層は、多岐にわたる業界に広がっている。
以下は、その主な顧客層について。

テクノロジー企業

  • GoogleMetaなどの大手テクノロジー企業は、ブロードコムのカスタムAIチップ(ASIC)を利用し、AIトレーニングおよび推論のパフォーマンスを向上させている。

クラウドサービスプロバイダー

  • Amazon Web Services (AWS)Microsoft AzureAlibaba Cloudなどのクラウドサービスプロバイダーは、ブロードコムのネットワーキングおよびストレージソリューションを使用し、データセンターのパフォーマンスと効率を最適化している。

通信事業者

  • AT&TVerizonなどの通信事業者は、5Gインフラストラクチャの展開において、ブロードコムの高性能シリコンソリューションを利用し、迅速かつ効率的なネットワークの構築が可能としている。

データセンターおよびインターネットサービスプロバイダー

  • BaiduByteDanceなどのインターネットサービスプロバイダーは、ブロードコムのスイッチングチップやネットワーキングソリューションを採用して、大規模なデータセンターインフラストラクチャを構築している​。

エンタープライズ顧客

  • ブロードコムの製品は、企業向けのネットワーキング、ストレージ、およびセキュリティソリューションにも利用されている。これには、金融サービス、ヘルスケア、製造業などのさまざまな業界が含まれる。

オープンソースおよびオープンネットワーキング

  • ブロードコムは、SONiC(Software for Open Networking in the Cloud)やSAI(Switch Abstraction Interface)などのオープンソースプロジェクトにも積極的に貢献しており、これにより広範な顧客層が同社の技術を利用してる。

ブロードコムの広範な製品ポートフォリオと技術革新は、多様な顧客層に対応しており、各業界のニーズに合わせたカスタムソリューションを提供している。

取引市場は?

ブロードコム(Broadcom Inc.,ティッカー: AVGO)は、NASDAQに上場している。ブロードコムは、この市場で取引される主要なテクノロジー株の一つとして位置づけられている。

ブロードコムのティッカーシンボルは、なぜAVGO?

ブロードコムのティッカーシンボルが「AVGO」である理由は、同社の歴史と企業買収に由来する。

歴史的背景

もともと、現在のブロードコムは2009年に設立された「Avago Technologies(アバゴ・テクノロジーズ)」として知られていた。Avago Technologiesは、Hewlett-Packard(HP)の一部であった半導体事業部門をスピンオフして誕生した企業​。

企業買収と名称変更

2015年に、Avago Technologiesは当時のブロードコムを買収した。この買収により、Avago Technologiesは企業名を「Broadcom Limited」に変更したが、買収後も既存の投資家や市場に対する認識を維持するため、株式市場でのティッカーシンボルは引き続き「AVGO」を使用している。

ティッカーシンボルの意味

ティッカーシンボル「AVGO」は、もともとの企業名である「Avago」から来ている。これにより、歴史的な連続性とブランド認知を保持しながら、企業の成長と発展を市場に示している​。

ブロードコムのセクター、業種、属するテーマは?

セクター

情報技術(Information Technology): ブロードコムは情報技術セクターに属しており、広範な半導体およびインフラストラクチャソフトウェアソリューションの設計、開発、提供を行っている。
このセクターは技術革新が激しく、迅速に進化する市場の需要に対応することが求められ、ブロードコムは、この動向に沿った製品とサービスを提供し、常に最新の技術と市場ニーズに適応している。

業種

半導体(Semiconductors): ブロードコムは半導体業種に分類される。同社は、システムオンチップ(SoC)、カスタムAIチップ(ASIC)、高性能ネットワーキングソリューションなどを含む多岐にわたる半導体製品を製造しています。これらの製品は、データセンター、ネットワーキング、ブロードバンド、無線通信、ストレージ、産業用アプリケーションなど、さまざまな用途に不可欠である。

属するテーマ

データセンターとAI: ブロードコムの事業は、特にデータセンターと人工知能(AI)アプリケーションに重点を置いている。同社の製品は、AIトレーニングおよび推論のために最適化されており、大手テック企業とのパートナーシップを通じて、AIのパフォーマンスを向上させている。

配当は?

ブロードコムは定期的に配当を支払っており、2024年の配当利回りは約1.28%。
配当は毎年増加傾向にあり、過去3年間の年平均配当成長率は約12.58%となっている。

ブロードコム(AVGO)が属する業界の規模と成長性は?

ブロードコムが属する半導体業界は、2024年に世界市場規模が約6810億ドルに達すると予測されている。この市場は今後も急成長が期待され、2032年には2兆6259億ドルに達する見込み。これは年間平均成長率(CAGR)が約14.9%であることを示している​。

主な成長要因

  1. AIと機械学習(ML)の需要増加: 半導体業界は、AIおよびMLアプリケーションの急速な普及により大きな成長を遂げており、ブロードコムのような企業が提供するカスタムAIチップ(ASIC)の需要も含まれる​。
  2. 自動運転と電気自動車(EV)の普及: 自動運転技術と電気自動車の市場拡大も、半導体の需要を押し上げる主要因である。これらの技術には、高度な半導体チップが不可欠であり、今後数年間で大幅な成長が予測されている。
  3. 5GとIoT(Internet of Things)の進展: 5Gネットワークの展開とIoTデバイスの普及により、半導体の需要はさらに高まると考えられている。これらの技術は、高速で信頼性の高いデータ通信を実現するために、先進的な半導体ソリューションが必要とされている。
  4. 地域別の市場成長: アジア太平洋地域は、世界の半導体市場の中で最も高い成長を示しており、2023年には3089.5億ドルに達した。特に中国は、地元の半導体メーカーの存在感が強く、今後も市場シェアを拡大する見込みである。
  5. 研究開発(R&D)への投資: 北米では、半導体企業が研究開発に多額の投資を行っており、これが技術革新と市場成長を促進している。

半導体業界は、AI、5G、自動運転、IoTなどの新興技術の進展により、今後も高い成長が見込まれている。

このように、ブロードコムが属する半導体業界は、非常にダイナミックで成長性の高い市場であり、技術革新と新興技術の普及により今後も拡大を続ける見込みである。

ブロードコム(AVGO)の競合企業は?

ブロードコムの主要な競合企業は以下。

  • インテル【INTC】:インテルは、マイクロプロセッサや半導体製品の最大手であり、特にPCおよびサーバー市場で強力な地位を持っている。AIやデータセンター向けのソリューションも提供している​。
  • エヌビディア【NVDA】:NVIDIAは、GPU(グラフィックス処理装置)で広く知られ、特にAIおよび機械学習、データセンター向けのソリューションでリーダーシップを発揮し、シェアを独占している。
  • クアルコム【QCOM】:Qualcommは、主にモバイル通信技術とプロセッサで知られているが、5G技術やIoTデバイス向けの半導体ソリューションにも強みを持っている。
  • テキサス・インスツルメンツ【TXN】:Texas Instrumentsは、アナログおよびデジタル半導体の大手メーカーであり、広範な産業向けのソリューションを提供。特に、組み込みシステムやエレクトロニクスの分野での強みがある。
  • アドバンスト・マイクロ・デバイセズ【AMD】:AMDは、主にCPUとGPUのメーカーであり、ゲーム、データセンター、AI、エンタープライズソリューションなどの市場で競争力を持っている​。
  • マイクロン・テクノロジー【MU】:Micronは、メモリおよびストレージソリューションの大手企業であり、特にDRAM、NAND、NORフラッシュメモリの製造で知られている。これらの製品は、幅広い電子機器やデータセンターで使用されている​。
  • サムスン電子:サムスン電子は、広範な半導体製品のポートフォリオを持ち、メモリチップ、プロセッサ、ディスプレイドライバICなどを提供している。特に、スマートフォンやデータセンター向けのソリューションで強力な存在感を示している​。

ブロードコムは、これらの競合企業と共に技術革新を推進し、急速に進化する市場のニーズに応えるために、絶えず製品とサービスを進化させている。

ブロードコム(AVGO)の競合との差別化要素と優位性は?

幅広い製品ポートフォリオ

ブロードコムは、半導体とインフラストラクチャソフトウェアの広範な製品ラインを持ち、多様な市場ニーズに応えている。これには、システムオンチップ(SoC)、カスタムAIチップ(ASIC)、ネットワーキングソリューションなどが含まれる。この広範な製品ポートフォリオにより、異なる市場セグメントに同時にアプローチできる点が大きな強みである。

カスタムAIチップのリーダーシップ

ブロードコムは、特定のAIワークロードに最適化されたカスタムAIチップを提供することで、高性能なAIトレーニングおよび推論を可能にしている。このカスタムチップの設計と製造能力は、他の競合企業には見られない強みである。

先進的なネットワーキング技術

ブロードコムのJericho3-AIやTomahawk 5などのネットワーキングチップは、高性能かつ低レイテンシのネットワークを実現するために設計されており、大規模なデータセンターやAIインフラストラクチャの運用が最適化できる。特にTomahawk 5は、世界初の51.2Tbpsのイーサネットスイッチング容量を持ち、業界内での技術的リーダーシップを示している。

統合されたインフラストラクチャソフトウェア

ブロードコムは、企業ネットワーキングとストレージ、クラウドインフラストラクチャ、セキュリティソリューションを統合したソリューションにより、企業は一貫した管理と運用が可能となり、全体的な効率が向上する。

強力な財務基盤と持続的な配当成長

ブロードコムは、強力な財務基盤を持ち、安定したキャッシュフローを生成している。これにより、株主に対して持続的な配当成長を提供し、投資家に対しても信頼と人気がある。

研究開発(R&D)への継続的な投資

ブロードコムは、技術革新を推進するために継続的に研究開発に投資しておより、最先端の技術を開発し、市場での競争力を維持している。

これらの要素により、ブロードコムは競合企業に対して優位性を持ち、業界をリードしている。

ブロードコム(AVGO)の成長戦略は?

ブロードコムは、仮想化技術とクラウドコンピューティングソフトウェアを提供するVMwareを買収し、統合する計画を進めている。

VMwareの仮想化技術およびクラウド管理ソフトウェアは、ブロードコムの既存のネットワーキングおよびストレージソリューションとシナジー効果を生み出し、包括的なクラウドおよびデータセンター管理ソリューションを提供することが可能となる。

VMwareとは?

VMwareは、仮想化技術とクラウドコンピューティングソフトウェアを提供する企業。簡単に言うと、VMwareはコンピュータのリソース(例えば、CPUやメモリ)を効率的に利用するための技術を提供している。

仮想化とは?

仮想化とは、1台の物理的なコンピュータ(サーバー)を複数の仮想的なコンピュータ(仮想マシン)として動作させる技術。これにより、1台のサーバー上で複数のオペレーティングシステムやアプリケーションを同時に実行でき、リソースの利用効率を大幅に向上する。

VMwareの買収コストは?

ブロードコムはVMwareを買収するために、約610億ドル(約6兆7000億円)の現金と株式を支出した。
また、買収に関連する負債も含めると、総コストは約690億ドル(約7兆6000億円)に達する。
この買収は、ブロードコムにとって非常に大規模な投資であり、企業のクラウドおよびエンタープライズソフトウェア分野での競争力を強化するための重要な戦略的ステップである。

VMwareの統合は、どんな効果をもたらす?

ブロードコムによるVMwareの統合は、両社の強みを組み合わせることで多岐にわたる効果をもたらします。以下は考えられるその主な効果を。

シナジー効果の創出

VMwareの仮想化技術とクラウド管理ソフトウェアを統合することで、ブロードコムのネットワーキングおよびストレージソリューションと相乗効果が生まれ、顧客は一貫した管理と運用が可能な包括的なソリューションを得ることができる。

クラウドおよびエンタープライズソリューションの強化

VMwareのクラウド管理ツールは、ブロードコムの既存のクラウドインフラストラクチャソリューションを強化し、より高度な管理機能を提供する。これにより、クラウドサービスプロバイダーやエンタープライズ顧客は、より柔軟で効率的なクラウド運用を実現できる。

仮想化技術の強化

VMwareの仮想化技術は、データセンターや企業のITインフラストラクチャの効率を向上させる。ブロードコムのハードウェアと組み合わせることで、リソースの最適化と運用効率の向上が図られる​。

新たな市場機会の創出

VMwareの製品と技術は、ブロードコムが従来アクセスしていなかった市場セグメントに進出する機会を持ち、ブロードコムは新たな顧客層を獲得し、市場シェアを拡大することができる。

R&Dおよびイノベーションの促進

ブロードコムとVMwareの研究開発能力を統合することで、技術革新がさらに促進される。特にクラウド、AI、ネットワーキングなどの分野での新しい製品開発が期待される。

コスト効率の向上

統合により、運用コストの削減と効率の向上が見込まれる。これには、共通のインフラストラクチャの利用やスケールメリットによるコスト削減が含まれる​。

ブロードコムのVMware統合は、多岐にわたる効果をもたらすと考えられる。これにより、ブロードコムは競争力をさらに高め、市場でのリーダーシップを維持し続けることができる。

ブロードコム(AVGO)の業績について

ブロードコムの財務年度は10月31日で終了する。
四半期決算は以下のスケジュールで発表されている。

  • 第1四半期決算:3月初旬頃
  • 第2四半期決算:6月初旬頃
  • 第3四半期決算:9月初旬頃
  • 第4四半期および通期決算:12月初旬頃

まずは、ブロードコム(AVGO)の最低限の業績分析を行なうための、以下の4つの指標を確認していきます。

  1. 売上:企業の業績と成長しているかを見る指標。
  2. 営業キャッシュフローと営業キャッシュフローマージン:企業がサービスからどれくらい現金を生み出しているかを見る指標。マージンはその比率で15%あると優良とされる。
  3. 営業利益:企業が主力の事業で稼いだ利益。企業の業績を評価する指標。
  4. EPS:1株当たり純利益で企業の稼ぐ力「収益力」と「成長性」を見る指標。数値が高いほど収益力が高い。

各データは、Investing.comTradingViewより参照。

ブロードコム(AVGO)の株価

ブロードコム(AVGO)の現在のリアルタイム株価チャート(TradingView)を表示しています。

チャートには、RSI(Relative Strength Index)を表示しています。相場の過熱感の指標として参考。

※RSIが70%~80%を超えると買われ過ぎ、反対に20%~30%を割り込むと売られ過ぎの目安。

ブロードコム(AVGO)の現在のリアルタイム株価チャート

ブロードコムの四半期:売上推移

四半期ごとの売上予測と実績値、対前年比の推移です。

年度(四半期)予測売上実績(発表値)対前年比
2022:Q384108460
2022:Q489008930
2023:Q189008920
2023:Q287008730
2023:Q3885088804.96%
2023:Q4928093004.14%
2024:Q1117901196034.08%
2024:Q2120601249043.07%
2024:Q312960
2024:Q414080
2025:Q114680
2025:Q214620
単位:百万ドル

売上予測と実績の推移をグラフで表示しています。

ブロードコム(AVGO)の売上推移(四半期)

ブロードコムの四半期:営業キャッシュフロー推移

四半期ごとの営業キャッシュフローと、営業キャッシュフローマージンの推移です。

年度(四半期)営業CF営業CFマージン
2022:Q4458051.29%
2023:Q1404045.29%
2023:Q2450051.55%
2023:Q3472053.15%
2023:Q44830
2024:Q14820
2024:Q24580
単位:百万ドル

それぞれの推移をグラフで表示しています。

 ブロードコム(AVGO)の営業CFマージン(四半期)

ブロードコムの四半期:営業利益・営業利益率推移

四半期ごとの営業利益と営業利益率の推移です。

年度(四半期)営業利益営業利益率
2022:Q4405045.35%
2023:Q1412046.19%
2023:Q2402046.05%
2023:Q3407045.83%
2023:Q4432046.45%
2024:Q1280023.41%
2024:Q2331026.50%
単位:百万ドル

それぞれの推移をグラフで表示しています。

ブロードコム(AVGO)の営業利益・営業利益率推移(四半期)

ブロードコムの四半期:EPS推移

四半期ごとのEPS予測とEPS実績値の推移です。

年度(四半期)EPS(予測)EPS(実績)
2022:Q39.569.730.17
2022:Q410.2810.450.17
2023:Q110.1710.330.16
2023:Q210.1210.320.2
2023:Q310.4310.540.11
2023:Q410.9611.060.1
2024:Q110.3710.990.62
2024:Q210.8510.960.11
2024:Q312.14
2024:Q413.78
2025:Q114.58
2025:Q214.65
単位:ドル

それぞれの推移をグラフで表示しています。

ブロードコム(AVGO)のEPS推移(四半期)

ブロードコムの通期:売上推移

通期の売上予測と実績値、対前年比の推移です。

年度(通期)売上予測売上実績(発表値)対前年比
2016年1326013290
2017年176501767032.96%
2018年208102086018.05%
2019年22550226008.34%
2020年23860238905.71%
2021年274002745014.90%
2022年331803320020.95%
2023年35810358207.89%
2024年51490
2025年59930
2026年65900
2027年68950
単位:百万ドル

それぞれの推移をグラフで表示しています。

ブロードコム(AVGO)の売上推移(通期)

ブロードコムの通期:営業キャッシュ・フロー推移

通期の営業キャッシュフローと、営業キャッシュフローマージンの推移です。

年度(通期)営業CFフロー営業CFマージン
2017年655037.07%
2018年8880.0042.57%
2019年9700.0042.92%
2020年12060.0050.48%
2021年13760.0050.13%
2022年16740.0050.42%
2023年1809050.50%
単位:百万ドル

それぞれの推移をグラフで表示しています。

ブロードコム(AVGO)の営業CFマージン(通期)

ブロードコムの通期:営業利益・営業利益率推移

通期の営業利益・営業利益率の推移です。

年度(通期)営業利益営業利益率
2017年269015.22%
2018年539025.84%
2019年433019.16%
2020年436018.25%
2021年868031.62%
2022年1429043.04%
2023年1646045.95%
単位:百万ドル

それぞれの推移をグラフで表示しています。

ブロードコム(AVGO)の営業利益・営業利益率(通期)

ブロードコムの通期:EPS推移

通期のEPS予測とEPS実績値の推移です。

年度(通期)EPS(予測)EPS(実績)
2016年11.311.450.15
2017年15.9516.020.07
2018年20.5920.820.23
2019年21.2921.290
2020年22.0722.160.09
2021年27.9428.010.07
2022年37.5437.640.1
2023年42.1142.250.14
2024年47.8
2025年60.64
2026年69.61
2027年78.05
単位:ドル

それぞれの推移をグラフで表示しています。

ブロードコム(AVGO)のEPS推移(通期)

ブロードコム(AVGO)の将来生は?今後の展開は?

ブロードコム(Broadcom Inc.)は、半導体およびインフラストラクチャソフトウェアのリーダーとして、複数の成長分野において強いポジションを持っている。以下に、主な成長ドライバーについて。

  • AIとデータセンターの成長: ブロードコムは、AIチップおよびデータセンター向けのネットワーキングソリューションにおいて強力な製品ポートフォリオを持っている。特に、Jericho3-AIチップやTomahawk 5スイッチチップなどの製品が、AIトレーニングおよび推論の効率を大幅に向上させることが期待されている。
  • 5Gインフラストラクチャの普及: 5Gネットワークの展開が進む中、ブロードコムの高性能シリコンソリューションが通信事業者にとって重要な役割を果たしており、ブロードコムは5G市場での存在感を強めている​ 。
  • クラウドコンピューティングの拡大: クラウドサービスの需要が増加する中、ブロードコムはクラウドプロバイダー向けのソリューションを強化している。Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azureなどの主要クラウドプロバイダーと協力し、クラウドインフラの効率と性能を向上させている​。
  • エンタープライズソリューションの拡充: VMwareの統合により、ブロードコムはエンタープライズ向けのクラウドおよび仮想化ソリューションを強化しました。これにより、企業のITインフラストラクチャの効率を向上させ、運用コストを削減することが可能となる​。

ブロードコムの今後の展開

  • VMware統合の効果: VMwareの統合により、顧客のITインフラストラクチャの効率と柔軟性を向上させることが期待されている。
  • 新製品の開発と市場投入: ブロードコムは、AI、5G、クラウドコンピューティングなどの成長分野における新技術の導入に注力しており、継続的な研究開発を通じて新製品を開発、市場に投入する計画です。
  • グローバル市場への拡大: ブロードコムは、アジア太平洋地域を含むグローバル市場でのプレゼンスを強化している。この地域は、半導体およびテクノロジー製品の需要が急速に増加しており、ブロードコムにとって重要な成長市場となる。
  • 持続可能な成長の追求: ブロードコムは、環境に配慮した持続可能な成長を追求しており、エネルギー効率の高い製品の開発や、製造プロセスの最適化を進めている。

ブロードコムは、成長分野での強力な製品ポートフォリオと戦略的買収(VMwareの統合)を通じて、持続可能な成長を目指しており、今後も技術革新を推進し、市場でのリーダーシップを維持することが期待されている。

ブロードコム(AVGO)の2024年度Q2決算サマリー

  • 売上高: 124億8700万ドル、前年同期比43%増加。
  • GAAP純利益: 21億2100万ドル、一株当たり4.42ドル。
  • Non-GAAP純利益: 53億9400万ドル、一株当たり10.96ドル。
  • 調整後EBITDA: 74億2900万ドル、売上の59%に相当。
  • 営業キャッシュフロー: 45億8000万ドル、資本支出を差し引いたフリーキャッシュフローは44億4800万ドル。

セグメント別業績

  • 半導体ソリューション: 売上高72億200万ドル、前年同期比6%増加。
  • インフラストラクチャソフトウェア: 売上高52億8500万ドル、前年同期比175%増加。

経営陣のコメント

ブロードコムのCEOであるHock Tan氏は、AI需要とVMwareの貢献により、過去最高の売上を達成したと述べています。また、インフラストラクチャソフトウェアの収益が加速し、多くの企業がVMwareソフトウェアスタックを採用して独自のプライベートクラウドを構築していると報告しました。

配当と株式分割

  • 配当: 四半期ごとに一株あたり5.25ドルの現金配当を発表。
  • 株式分割: 1株を10株に分割する株式分割を発表。2024年7月15日から分割後の取引が開始予定。

将来の見通し

  • 2024年度の通期見通し:
    • 売上高: 約510億ドルを見込む。
    • 調整後EBITDA: 売上の約61%を見込む。

ブロードコムは、2024年度第2四半期において、AI製品およびVMwareの貢献により強力な業績を達成。売上高と利益は前年同期比で大幅に増加し、今後も引き続き成長を見込んでいる。四半期ごとの配当と株式分割により、投資家に対する魅力も高めている。

ブロードコム(AVGO)の株を買える証券会社は?

ブロードコム(AVGO)の株を取り扱っている主要な証券会社をリストアップしました。これらの証券会社では、外国株として直接の株取引のほか、CFD(差金決済取引)としての投資も選択できます。

私自身はSBI証券を主に使用していますが、取り扱い銘柄によっては購入できない場合があります。その際は、サクソバンク証券やIG証券などでCFDを利用することもあります。

人気の証券会社株取引CFD取引
SBI証券
松井証券
楽天証券
マネックス証券
auカブコム証券
DMM株
サクソバンク証券
IG証券
GMOクリック証券
moomoo証券
ブロードコム(AVGO)の株を取り扱っている主要な証券会社

まとめ

ブロードコムの事業内容、独自の特徴、競争上の優位性、そして業績の成長について詳細に掘り下げてきました。
ブロードコムの実績データからは、堅調な売上推移に加え、潤沢な営業キャッシュフローマージン比率が示されており、そのキャッシュフローの源泉はなんといっても、強力な営業利益率にあると言えます。

AIトレンドに乗り、多くのメガテック企業からも求められる技術を持ち、その強みを収益に変えているブロードコムは、見渡すところ敵なしといった印象があります。

VMwareの買収には非常に大きなコストをかけていますが、これらの投資が実際に利益に反映される頃には、さらに大きな成長が期待されます。

分析を進める中で、ブロードコムが超優良企業であると改めて感じました。
個人的には、株式分割も非常に嬉しく、ポートフォリオにしっかり組み込んでいきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました