PR

マイクロン・テクノロジーとは?HBMメモリで躍進!その将来性と今後の株価見通し

マイクロン・テクノロジーとは?HBMメモリで躍進!その将来性と今後の株価見通し米国投資
この記事は約20分で読めます。

このサイトは、私(@mifsee)が個人的に学びながら企業分析や銘柄分析を進め、その成果をまとめたものです。

あくまで私の個人的な分析記録であり、内容には誤りや実際と異なる情報が含まれているかもしれません。ご覧になる場合は予めご了承ください。

  1. はじめに
  2. マイクロン・テクノロジー(MU)とは何の会社、どのような事業をしている?
  3. マイクロン・テクノロジー(MU)の主力製品やサービスは?
  4. HBMメモリ技術とは?
    1. 高帯域幅
    2. スタック構造
    3. 省エネルギー
    4. コンパクトな設計
  5. マイクロン・テクノロジー(MU)は何がすごい?
  6. マイクロン・テクノロジー(MU)の顧客層は?
  7. マイクロン・テクノロジーとエヌビディアとの関係性は?
  8. マイクロン・テクノロジーがAI半導体領域で注目される要因は?
    1. 高帯域幅メモリ技術(HBM)の進化
    2. 省エネルギーと効率性
    3. 戦略的パートナーシップと市場での立ち位置
  9. 取引市場は?
  10. マイクロン・テクノロジーのセクター、業種、属するテーマは?
    1. セクター
    2. 業種
    3. 属するテーマ
  11. 配当は?
  12. マイクロン・テクノロジー(MU)が属する業界の規模と成長性は?
  13. マイクロン・テクノロジー(MU)のHBMメモリにおける競合企業は?
  14. マイクロン・テクノロジー(MU)の競合との差別化要素と優位性は?
    1. 技術リーダーシップ
    2. イノベーション
    3. 製品ポートフォリオの多様性
    4. 強力な製造能力
  15. マイクロン・テクノロジー(MU)の業績について
  16. マイクロン・テクノロジー(MU)の株価
    1. マイクロンの四半期:売上推移
    2. マイクロンの四半期:営業キャッシュフロー推移
    3. マイクロンの四半期:営業利益推移
    4. マイクロンの四半期:EPS推移
    5. マイクロンの通期:売上推移
    6. マイクロンの通期:営業キャッシュ・フロー推移
    7. マイクロンの通期:営業利益推移
    8. マイクロンの通期:EPS推移
  17. マイクロン・テクノロジー(MU)の将来生は?今後の展開は?
    1. 技術革新と製品開発
    2. 国際的な補助金と投資
    3. 市場と経済状況への適応
  18. マイクロン・テクノロジー(MU)の2024年度Q2決算サマリー
    1. 2024年度第2四半期の主な財務成績
    2. CEOのコメント
    3. 今後の展望
  19. マイクロン・テクノロジー(MU)の株を買える証券会社は?
  20. まとめ

はじめに

AI半導体の注目が高まる中、エヌビディアとの密接な関係を持つマイクロン・テクノロジーに注目が集まっています。

エヌビディアの最先端AI半導体がその性能を最大限に発揮するためには、マイクロンのHBM(High Bandwidth Memory)メモリが不可欠です。
この分野において、先頭を走るマイクロン・テクノロジーに焦点を当て、その事業内容、独自の強み、そして将来性について詳しく掘り下げます。

マイクロン・テクノロジー(MU)とは何の会社、どのような事業をしている?

  • マイクロン・テクノロジーは、アメリカ合衆国アイダホ州ボイシに本社を置く半導体製造の多国籍企業。
  • マイクロンはDRAM、NAND、NOR、および3D XPoint™メモリの製造を行っており、これらの製品はコンピューティング、データセンター、モバイル機器、組み込み製品、自動車、産業向けなど多岐にわたる分野で利用されてる。
  • 創業は1978年で、最初はわずか4人のセミコンダクターデザイン会社としてスタート後、技術革新と戦略的な買収を経て業界のリーダーに成長し、数々の半導体イノベーションに貢献。
    特に、DRAMやNAND技術における最先端のプロセス技術の導入により、製品性能と効率が向上している​。
  • マイクロンは環境、社会、ガバナンス(ESG)に関する取り組みも積極的に行っており、企業の持続可能性と倫理的な基準を高く保っている。これにはダイバーシティやインクルージョンの推進、環境保護への取り組みが含まれる​。
  • 新型メモリの開発にも力を入れており、3D XPointなどの革新的なメモリソリューションを提供。これらのメモリは、高速で耐久性があり、従来のDRAMやNANDと比べて大幅なパフォーマンス向上を実現している。

マイクロン・テクノロジーの企業情報は以下。

  • 会社名: マイクロン・テクノロジー(Micron Technology, Inc.)
  • 設立年月:1978年
  • 代表者名:サンジャイ・メヘロトラ(Sanjay Mehrotra)
  • 公式サイト: https://jp.micron.com/
  • 主な事業内容:DRAM、NAND、NOR、および3D XPoint™メモリの製造

マイクロン・テクノロジー(MU)の主力製品やサービスは?

マイクロン・テクノロジーは、DRAM、NANDフラッシュメモリ、NORフラッシュメモリ、および3D XPoint™メモリの製造を行っている半導体企業。
これらのメモリ製品は、コンピューティング、モバイルデバイス、データセンター、自動車産業など多岐にわたる分野で利用されている。

最近の主力製品として、HBM3Eメモリがある。
このメモリはAI革新を加速するために設計されており、競合製品と比較して30%低い消費電力で運用できる。また、マイクロンは高速で大容量の128GB DDR5 RDIMMも市場に提供しており、これはサーバー用途に最適化されている。

マイクロンは、高性能なSSDも提供しており、特に産業用や自動車用のアプリケーションに適した製品をラインナップしている。
これには、業界初の200層以上のQLC NANDクライアントSSDが含まれる。

これらの製品は、データの保存とアクセスの高速化を実現し、最新のコンピューティングニーズに応える設計となっている。

HBMメモリ技術とは?

HBM(High Bandwidth Memory)メモリ技術は、高性能コンピューティングアプリケーションに最適化された新世代のメモリ技術のこと。
この技術の主な特徴は、従来のメモリと比べて非常に高い帯域幅と低い消費電力を提供する点にある。

HBMメモリは、チップ上に積層された複数のDRAM層と、それらを接続するシリコンインターポーザーから成り立っている。
この積層構造により、メモリチップ間の物理的距離が短縮され、高速でデータがやり取りできるようになる。

さらに、インターポーザーを使用することで、チップ間の接続点が大幅に増加し、データ転送の効率が向上する。
HBMメモリは、主に高性能コンピューター、サーバー、ハイエンドグラフィックスカードなど、大量のデータ処理と高速アクセスが求められる用途で使用されている。

この技術によって、システムの全体的な性能が向上し、エネルギー効率が良くなるため、データセンターの運用コスト削減に大きく寄与する。
HBMメモリ技術は、その構造と性能により、次世代のメモリソリューションとして注目されている。

HMBメモリの特徴とメリットをまとめると以下。

高帯域幅

HBMメモリは、通常のDRAMよりもはるかに高いデータ転送速度を提供する。これは、広いインターフェースと高速なI/O(入出力)レートによって実現されている。この高帯域幅は、大量のデータを迅速に処理する必要があるアプリケーションにとって非常に有利となる。

スタック構造

HBMは積層メモリ技術を使用しており、複数のDRAMダイ(チップ)が垂直に積み重ねられ、シリコンインターポーザーを通じて互いに接続されている。このスタック構造により、メモリダイ間の物理的距離が短縮され、データ転送の遅延が減少しする。

省エネルギー

HBMは低電圧で動作するため、消費電力を削減できる。これは、特にエネルギー消費を抑えることが求められるデータセンターやサーバーの運用において大きなメリットとなる。

コンパクトな設計

HBMのスタック構造とインターポーザー技術により、基板上の占有面積が小さくなる。これにより、デバイス全体のサイズを小さく抑えることが可能で、モバイルデバイスやコンパクトなシステムに適している。

これらの特徴により、HBMは高性能コンピューティング、サーバー、ハイエンドグラフィックスカード、AIプロセッシングなどの分野で利用されており、従来のメモリソリューションに比べて、性能と効率の面で優れた選択肢となっている。

マイクロン・テクノロジー(MU)は何がすごい?

マイクロン・テクノロジー(MU)は半導体業界で際立った存在として知られている。
その理由は、同社が技術革新において持続的な進歩を遂げている点にある。

特に、EUV(極端紫外線リソグラフィ)技術を活用したDRAMやHBM3Eメモリのような最先端の製品を開発し、これらの製品は高性能で低電力消費が特徴となり、エヌビディアが提供するAI半導体においても必要不可欠となっている。

また、マイクロンは大規模な製造能力を持ち、世界市場の需要に迅速に応えることが可能。
この大量生産能力は、同社が業界内で強固な位置を築く一因となっている。

さらに、DRAM、NAND、NOR、および3D XPoint™メモリなど多様な製品ポートフォリオを展開しており、これらの製品はデータセンターやモバイルデバイスから自動車や産業用途に至るまで幅広く活用されている。

マイクロンは特にデータセンターやAIアプリケーション向けの製品において、その性能の高さで市場リーダーとしての地位を確立しており、これらの強みが組み合わさることで、マイクロンは技術革新の最前線でリーダーシップを発揮し続けている。

マイクロン・テクノロジー(MU)の顧客層は?

マイクロンの顧客層は多岐にわたるが、主に以下のような分野の企業や組織が含まれる。

  • コンピューティングおよびモバイルデバイス製造業者:PC、サーバー、スマートフォンなどのデバイスに搭載されるメモリ製品の大手製造業者が顧客となる。
  • データセンター:高性能を要求されるデータセンター用のメモリおよびストレージソリューションを提供している。これにはAIやビッグデータ分析を加速する高帯域幅のメモリ製品が含まれる。
  • 自動車産業:車載用メモリソリューションも提供しており、自動運転技術などの先進的な自動車技術に対応した製品が特徴となる。
  • 産業およびエンタープライズアプリケーション:産業用機器やインフラに組み込まれる高耐久性メモリ製品も手掛けており、信頼性が求められる環境での使用が想定されている。
  • 航空宇宙および防衛:特に要求が厳しい航空宇宙や防衛分野向けに、特定の環境条件下でも高性能を保つことができるメモリソリューションを提供している。

このように、マイクロン・テクノロジーはその先進的な半導体技術を活かして、非常に広い範囲の産業にわたる顧客ニーズに対応している。

マイクロン・テクノロジーとエヌビディアとの関係性は?

マイクロン・テクノロジーはエヌビディアとの間で密接な協力関係を持っており、特に高性能GPUに必要な高帯域幅メモリ技術の供給で重要な役割を果たしている。

エヌビディアの最新のGPUは、マイクロンのGDDR6Xメモリを使用しており、これにより、リアルタイムのレイトレーシングやAIアプリケーションでの高いパフォーマンスが実現されている​。

また、マイクロンはHBM3Eメモリもエヌビディアに供給しており、AI用途向けの次世代GPUに対応している。
このような連携は、双方の技術力を組み合わせることで、半導体市場における競争力を高めている。

マイクロン・テクノロジーがAI半導体領域で注目される要因は?

マイクロン・テクノロジーがAI半導体領域で注目される要因はいくつかありますが、主に以下のポイントが挙げられる

高帯域幅メモリ技術(HBM)の進化

マイクロンは、HBM3Eと呼ばれる高帯域幅メモリ技術を開発し、これがAIアプリケーションでのデータ処理速度を飛躍的に向上させている。
この技術は、特にAIの計算に必要な大量のデータを迅速に処理する能力が求められるため、AI分野での使用が期待されています​

省エネルギーと効率性

HBM3Eメモリは、競合他社の製品と比較して約30%の電力削減を実現しており、エネルギー効率の良さもAI分野での評価を高めている。
これにより、データセンターなどの運用コストの削減に貢献し、より持続可能な技術ソリューションとして注目されています。

戦略的パートナーシップと市場での立ち位置

マイクロンはNVIDIAとの長期的な協業を通じて、AI用途向けのメモリソリューションを供給している。このような戦略的パートナーシップは、AI半導体市場においてマイクロンのポジションを強化している​。

以上の要因により、マイクロン・テクノロジーはAI半導体分野で高い評価を受け、今後もその影響力を拡大していくと考えられます。

取引市場は?

マイクロン・テクノロジーは、NASDAQグローバルセレクト市場で取引されており、ティッカーシンボルは「MU」

マイクロン・テクノロジーのセクター、業種、属するテーマは?

セクター

情報技術(Information Technology):マイクロン・テクノロジーは情報技術セクターに属しており、データ処理、保存、通信に必要な半導体メモリとストレージソリューションの開発と提供を行っている。
このセクターは、技術革新と市場の需要に応じて急速に進化しており、マイクロンもこの動向に沿って製品を供給している。

業種

半導体(Semiconductors):具体的には、マイクロンは半導体業種に分類される。同社はDRAM、NANDフラッシュ、NORフラッシュなどのメモリ製品を製造しており、これらはコンピューター、モバイルデバイス、サーバー、およびその他多くの電子機器に不可欠である。

属するテーマ

データセンターとAI:マイクロンの事業は、データセンターや人工知能(AI)アプリケーションへの高性能メモリソリューションの提供に重点を置いている。
これには、高帯域幅でエネルギー効率の良いメモリ技術の開発が含まれ、データセンターの運用効率と持続可能性の向上に貢献している。

配当は?

マイクロン・テクノロジーは、年間で$0.46の配当を支払っており、配当利回りは約0.40%

マイクロン・テクノロジー(MU)が属する業界の規模と成長性は?

現在の半導体産業は、非常にダイナミックで成長が見込まれている。
2024年のグローバル半導体市場の規模は約6170億ドルに達すると予測されており、前年比で約16.6%の成長が期待されている。
この成長は、データセンターやAI(人工知能)アプリケーションへの需要の増加によって牽引されると考えられている。

特に、メモリ市場は2024年に大幅な成長が予測されており、DRAM(動的ランダムアクセスメモリ)収益は前年比で88%増加し、870億ドルに達すると見込まれている。
また、NANDフラッシュの収益も同年に49.6%増加することが予測されており、これらの成長は半導体市場全体の拡大を支える重要な要素となっている。

このように、半導体産業は今後も技術進化の速度が速い分野であり、新しい技術の導入や市場のニーズの変化に迅速に対応することが企業に求められている。

このため、投資や研究開発に力を入れている企業は、特に成長のチャンスを捉えやすい状況にあると言える。

マイクロン・テクノロジー(MU)のHBMメモリにおける競合企業は?

マイクロン・テクノロジーがHBM(High Bandwidth Memory)メモリ市場で競争している主要な競合企業は以下の通り。

  • サムスン電子:サムスンは、半導体メモリの製造において世界をリードする企業の一つで、特にHBMメモリの開発において強力な競争力を持っている。サムスンは「Shinebolt」と名付けられたHBM3Eメモリを市場に導入しており、これは他社の製品よりも高速な速度を提供します。
  • SKハイニックス:SKハイニックスは、サムスンと並ぶ韓国の大手半導体メーカーで、HBMメモリの製造においても重要なプレイヤー。同社はHBMメモリの供給能力を拡大しており、AMDやNVIDIAなどの顧客にHBMを供給している。さらに、次世代のHBM3Eメモリの開発にも取り組んでいる​。

これらの企業は、AIおよび高性能コンピューティング(HPC)市場での需要増加に応じて、技術革新と生産能力の拡大に力を入れている。

マイクロン・テクノロジーもこの競争に参加しており、高性能で省エネルギーなHBM3Eメモリを提供することで市場シェアの拡大を図っている。

マイクロン・テクノロジー(MU)の競合との差別化要素と優位性は?

マイクロン・テクノロジーの競合他社との差別化要素と優位性には、以下のポイントが挙げられる。

技術リーダーシップ

マイクロンはDRAM技術の開発において、世界をリードする地位を築いている。同社は最速のグラフィックスDRAMを生産しており、その技術力はエヌビディアとのパートナーシップにも反映されている。

イノベーション

業界でのイノベーションを推進する強力なフォーカスを持ち、顧客の進化するニーズに応じた製品を提供している。特に、消費電力が低く、高密度のDRAMの開発は、マイクロンの製品が市場で際立つ理由である​。

製品ポートフォリオの多様性

DRAM、NAND、NORフラッシュメモリ、固体ディスクドライブ(SSD)など、幅広い製品を提供しており、消費者エレクトロニクス、自動車、データセンターなど複数の市場に対応し、業界の変動に強い経済的安定を維持している。

強力な製造能力

先進的な製造技術を有し、高品質の製品を効率的に生産する能力がある。これは製品コストの削減にも寄与し、業界での競争力を保つ要因となっている​。

これらの要因は、マイクロンがDRAMおよびNAND技術の領域で持続的な成長と成功を遂げる基盤となっている。同社の技術革新と市場に対する深い理解は、競争が激しい半導体業界において、継続的な優位性を提供している。

マイクロン・テクノロジー(MU)の業績について

マイクロン・テクノロジー(MU)の財務年度は8月31日で終了する。四半期決算は以下のスケジュールで発表されてる。

  • 第1四半期決算:12月初旬頃
  • 第2四半期決算:3月初旬頃
  • 第3四半期決算:6月初旬頃
  • 第4四半期および通期決算:9月末頃

まずは、マイクロン・テクノロジー(MU)の最低限の業績分析を行なうための、以下の4つの指標を確認していきます。

  1. 売上:企業の業績と成長しているかを見る指標。
  2. 営業キャッシュフローと営業キャッシュフローマージン:企業がサービスからどれくらい現金を生み出しているかを見る指標。マージンはその比率で15%あると優良とされる。
  3. 営業利益:企業が主力の事業で稼いだ利益。企業の業績を評価する指標。
  4. EPS:1株当たり純利益で企業の稼ぐ力「収益力」と「成長性」を見る指標。数値が高いほど収益力が高い。

各データは、Investing.comTradingViewより参照。

マイクロン・テクノロジー(MU)の株価

マイクロン・テクノロジー(MU)の現在株価がわかるリアルタイム株価チャート(TradingView)を表示しています。

チャートには、RSI(Relative Strength Index)を表示しています。相場の過熱感の指標として参考。

※RSIが70%~80%を超えると買われ過ぎ、反対に20%~30%を割り込むと売られ過ぎの目安。

マイクロンの四半期:売上推移

四半期ごとの売上予測と実績値、対前年比の推移です。

年度(四半期)予測売上実績(発表値)対前年比
2022:Q386408640
2022:Q467306640
2023:Q141304090
2023:Q237103690
2023:Q336503750-56.60%
2023:Q439604010-39.61%
2024:Q14580473015.65%
2024:Q25350582057.72%
2024:Q36590
2024:Q47370
2025:Q18190
2025:Q28720
単位:百万ドル

売上予測と実績の推移をグラフで表示しています。

イクロン・テクノロジー(MU)の売上推移(四半期)

マイクロンの四半期:営業キャッシュフロー推移

四半期ごとの営業キャッシュフローと、営業キャッシュフローマージンの推移です。

年度(四半期)営業CF営業CFマージン
2022:Q4378056.93%
2023:Q194323.06%
2023:Q23439.30%
2023:Q3240.64%
2023:Q42496.21%
2024:Q1140029.60%
2024:Q2122020.96%
単位:百万ドル

それぞれの推移をグラフで表示しています。

マイクロン・テクノロジー(MU)の営業CFマージン(四半期)

マイクロンの四半期:営業利益推移

四半期ごとの営業利益の推移です。

年度(四半期)営業利益
2022:Q41500
2023:Q1-207
2023:Q2-2230
2023:Q3-1650
2023:Q4-1370
2024:Q1-1140
2024:Q2-33
単位:百万ドル

それぞれの推移をグラフで表示しています。

マイクロン・テクノロジー(MU)の営業利益推移(四半期)

マイクロンの四半期:EPS推移

四半期ごとのEPS予測とEPS実績値の推移です。

年度(四半期)EPS(予測)EPS(実績)
2022:Q32.442.590.15
2022:Q41.371.450.08
2023:Q1-0.02-0.04-0.02
2023:Q2-0.67-1.91-1.24
2023:Q3-1.61-1.430.18
2023:Q4-1.14-1.070.07
2024:Q1-1.01-0.950.06
2024:Q2-0.250.420.67
2024:Q30.47
2024:Q40.87
2025:Q11.54
2025:Q21.9
単位:ドル

それぞれの推移をグラフで表示しています。

マイクロン・テクノロジー(MU)のEPS推移(四半期)

マイクロンの通期:売上推移

通期の売上予測と実績値、対前年比の推移です。

年度(通期)売上予測売上実績(発表値)対前年比
2016年1233012400
2017年2013020320
2018年3020030390
2019年2311023410-22.97%
2020年2127021440-8.42%
2021年276502771029.24%
2022年308703076011.01%
2023年1548015540-49.48%
2024年24460
2025年34930
2026年40640
単位:百万ドル

それぞれの推移をグラフで表示しています。

マイクロン・テクノロジー(MU)の売上推移(通期)

マイクロンの通期:営業キャッシュ・フロー推移

通期の営業キャッシュフローと、営業キャッシュフローマージンの推移です。

年度(通期)営業CFフロー営業CFマージン
2017年815040.11%
2018年1740057.26%
2019年1319056.34%
2020年831038.76%
2021年1247045.00%
2022年1518049.35%
2023年156010.04%
単位:百万ドル

それぞれの推移をグラフで表示しています。

マイクロン・テクノロジー(MU)の営業CFマージン(通期)

マイクロンの通期:営業利益推移

通期の営業利益の推移です。

年度(通期)営業利益
2017年5880
2018年14940
2019年7430
2020年3070
2021年6840
2022年9770
2023年-5190
単位:百万ドル

それぞれの推移をグラフで表示しています。

マイクロン・テクノロジー(MU)の営業利益(通期)

マイクロンの通期:EPS推移

通期のEPS予測とEPS実績値の推移です。

年度(通期)EPS(予測)EPS(実績)
2016年00.060.06
2017年4.674.960.29
2018年11.7711.950.18
2019年6.246.350.11
2020年2.742.830.09
2021年5.986.060.08
2022年8.238.350.12
2023年-4.56-4.450.11
2024年0.79
2025年7.65
2026年10.11
単位:ドル

それぞれの推移をグラフで表示しています。

マイクロン・テクノロジー(MU)のEPS推移(通期)

マイクロン・テクノロジー(MU)の将来生は?今後の展開は?

マイクロン・テクノロジー(MU)の将来性は、その技術革新、補助金による投資促進、およびグローバル市場での戦略的な位置付けにより、非常に有望とされている。

技術革新と製品開発

マイクロンはEUV(極端紫外線リソグラフィ)技術を活用して次世代のメモリ製品、特にDRAMの製造に注力している。この技術により、メモリの性能が向上し、エネルギー効率が高くなることが期待されます。これは、データセンターや高性能コンピューティング市場における同社の製品の魅力をさらに高める要因となる。

国際的な補助金と投資

米国政府からの6.1億ドルの補助金や日本政府からの最大460億円の支援により、マイクロンは国内外での製造能力を拡大している。これにより、同社はグローバルな供給網を強化し、需給の不均衡が懸念される中で市場の需要に迅速に応えることが可能になる。

市場と経済状況への適応

マイクロンは市場の変動に強い適応力を持っており、特にAI、5G、自動車向け市場での需要増加に対応しています。これらの市場は今後も成長が見込まれており、マイクロンの製品が重要な役割を果たすと予想される。

以上の要因から、マイクロン・テクノロジーの将来性は明るく、引き続き技術革新と市場拡大を通じて成長していくことが期待されます。補助金による投資促進は、これらの展望をさらに強化し、新たな技術開発と市場での競争力を支える基盤となるでしょう。

マイクロン・テクノロジー(MU)の2024年度Q2決算サマリー

マイクロン・テクノロジー(MU)の2024年第2四半期の決算報告の主要なポイント。

2024年度第2四半期の主な財務成績

  • 収益:5.82億ドルで、前四半期の4.73億ドルおよび前年同期の$3.69億ドルから増加。
  • 純利益(GAAP基準):7億9300万ドル、または希薄化後一株当たり0.71ドル。
  • 非GAAP純利益:4億7600万ドル、または希薄化後一株当たり0.42ドル。
  • 営業キャッシュフロー:1.22億ドルで、前四半期の1.40億ドル、前年同期の3億4300万ドルから変動。

CEOのコメント

  • マイクロンのCEOであるサンジェイ・メーヘロトラは、この四半期の成果が製品、価格戦略、および運営の優れた実行の証であると述べている。
  • また、AIによる半導体業界の多年にわたる機会から、マイクロンが最も恩恵を受ける企業の一つであるとの見解を示している。

今後の展望

  • 2024年第3四半期の収益は約6.60億ドル±2億ドルを見込んでいる。
  • 今後の四半期における営業経費は、GAAP基準で約1.11億ドル±1500万ドル、非GAAP基準で約9億9000万ドル±1500万ドルの予測。
  • 第3四半期の一株当たり純利益は、GAAP基準で0.17ドル±0.07ドル、非GAAP基準で0.45ドル±0.07ドルを見込んでいます。

この報告内容は、マイクロン・テクノロジーが持続的な成長を遂げており、特にAI分野での需要拡大により好成績を収めていることを示している。

また、会社は安定した財務基盤を維持し、将来に向けてさらなる成長が期待されている。

マイクロン・テクノロジー(MU)の株を買える証券会社は?

マイクロン・テクノロジー(MU)の株を取り扱っている主要な証券会社をリストアップしました。これらの証券会社では、外国株として直接の株取引のほか、CFD(差金決済取引)としての投資も選択できます。

私自身はSBI証券を主に使用していますが、取り扱い銘柄によっては購入できない場合があります。その際は、サクソバンク証券やIG証券などでCFDを利用することもあります。

人気の証券会社株取引CFD取引
SBI証券
松井証券
楽天証券
マネックス証券
auカブコム証券
DMM株
サクソバンク証券
IG証券
GMOクリック証券
moomoo証券
マイクロン・テクノロジー(MU)の株を取り扱っている主要な証券会社

まとめ

マイクロン・テクノロジーの事業内容、独自の特徴、競争上の優位性、そして業績の成長について詳細に掘り下げてきました。

マイクロンの実績データからは、2023年に業績が底を打ち、今後の大きな成長が期待されています。

エヌビディア関連銘柄として、数多くある銘柄の中でも、関係性が深く、特に成長が期待される銘柄の一つと言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました